忙しくても夢を叶える準備はできる!スキマ時間活用術

隙間時間の使い方

1日24時間じゃ足りない!もっと時間が欲しい!こんなことを思ったことはありませんか?仕事、家事、育児、お付き合いや趣味の時間。日々のルーティンをこなすだけでも大変なのに、そこから夢を叶えるための準備なんてできるのか?そう不安になる方もいらっしゃるかもしれません。今回は、そんな方のためにスキマ時間活用術をお伝えしたいと思います。

スキマ時間にスマホで仕事

スキマ時間活用術

私は現在5歳、3歳の二人のやんちゃな子供たちの育児をしながら、会社を経営して、美容家として活動して、趣味のハンドメイドのレッスンを開催したり、自分がレッスンを受けたりもしています。もちろん家事もこなし、毎日食事もちゃんと作っています。

当然忙しい日々なのですが、常に新しいことも考えていますし、それを実行して形にして売上を伸ばしたりもしています。では、どのように時間を捻出しているかというと・・・それは、スキマ時間に他なりません!

現代人の無駄なスキマ時間は1日平均1時間9と言われています。1時間9分も無駄な時間があったら、何かできると思いませんか?

  • 電車やバスの移動中
  • 徒歩や自転車移動中の信号待ち
  • 仕事の休憩時間
  • 待ち合わせ時間
  • 寝る前
  • ラーメン屋などの行列に並んでいる時

などなど・・・。あなたにもちょっとしたスキマ時間が必ずあるはずです。私は、PCでしかできないこと、梱包やハンドメイドなど何か作業をしなければならないことは、スキマ時間ではなくきちんと時間を取って行います。その他の、記事を執筆したり、写真を加工したり、メールの返信などスマホでできることは、全てスキマ時間にスマホで行います。

毎週締め切りのある「朝時間.jp」の連載をはじめ、自分のサイト「キレイナビ」の記事や、その他のWEBサイト、雑誌、オンラインショップの会報誌など様々なメディアに記事を執筆しています。ブログやインスタなども合わせると、月に何万文字書いているのでしょうか・・・。これらの執筆は、全てスマホで行っています。

電車での移動中は常にフル活用。スマホで記事を書いています。フードコートの行列で並んでいる時、スーパーのレジで待っている時、自治会の会合が始まるのを待っている時、待ち合わせに早く着いてしまった時、長い信号待ちの時など、そういったスキマ時間は全て何かしらスマホで仕事。1分1秒も無駄にせずにスキマ時間を有効活用していると言っても過言ではありません!

この記事を書いているのも、もちろんスマホ!今は子供たちも寝たので、布団の中で書いています。あなたにも、きっとスキマ時間があるはず!ぜひ活用してみて下さいね。

※歩きながらなど、危険な”ながらスマホ”にはご注意下さい!

キッチンに作業スペースを設置

スキマ時間活用術

この写真はイメージであり、我が家のキッチンではありませんが・・・。我が家はカウンターキッチンで、カウンター側に洗い場と、ガスコンロがあります。そして、後ろを振り返ると低い食器戸棚が置いてあり、その上を作業スペースにしています。

つまり、その作業スペースで料理や後片付けをしながらPC作業をしたり、ハンドメイドの作品を作っているのです。シチューを煮込みながら、ぱっと後ろを振り返ってPCでパワーポイントを開き、資料作成をする時もあれば、そうめんを茹でながら、ぱっと後ろを振り返ってハンドメイドをしたりしています。

お子さんのいるご家庭では、なかなか作業ができない・・・ということもあるかもしれません。我が家もそうなのですが、子供たちが二人で仲良く遊んでいる間に料理をしつつ作業もしているのです。

キッチンに限らず、何かをしながら作業ができるようなスペースを作ると、意外にちょこちょこと進めることができますよ。

※お料理をしながら作業に没頭し過ぎて、焦げてしまったりしないようにご注意を!

たまには何もせずボーっとする時間を

毎日スキマ時間をフル活用し、料理中のちょっとした時間にも作業をこなしていると、当然疲れてしまいます(笑)やはり、人間たまにはボーっとしてリラックスする時間を持たないとダメですね。疲れた体と心ではよいアイディアも浮かびませんし、体を壊しては何もできません。

たまには、リラックスしてボーっとする時間を持つことをおすすめします。ゆったりとしたひと時を過ごしながら、集中する時は集中する!そんなメリハリが大切じゃないかな、と思います。

子供たちが保育園に行っている9時~17時が私がフルスピードで集中する時間。それ以外は合間に作業をしつつも、子供たちとゆっくり過ごすようにしています。

まとめ

1日1時間9分のスキマ時間を有効活用すれば、1週間で約7時間、1ヶ月で約31時間もの作業ができます!スキマ時間を全て作業にあてなくても、その半分でも、1/4でもあててみて下さい。必ず何かが変わるのではないでしょうか。スキマ時間活用法はまだまだありますので、また別の機会にお伝えしたいと思います!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です